休業2週間目(みやざきぶろぐ)

IMG_0065

はいどーもこんにちは。「起きる→小腹満たす→寝る」よろしくお願いします。
休業より丸々1週間が経過し、8日目。2週間目に突入致しました。
無営業、無配信、無収入でお送りしております!

本日、買い物を終え駐車場から出ようとした時にふとルームミラーを覗くと、後続車がNAOでした。
久しぶりに会った(見た)ので、手だけ振りました。

何を購入したかと言うと、アイキャッチの写真に使用したものです。
消毒液ですね!!

現在「対策グッズ」にはインフレが起こってますね。
手指消毒液が500mlでおよそ1,600円でした。マスク1枚あたりも100円を超えてきてますよね。

1,600円・・・3ヶ月前の宮崎金銭価値と比べると、12,000円相当と言ったところでしょうか(笑)
無駄遣いと思われるかもしれませんが、これは「営業再開」に対する願掛けってヤツです。
アルコール濃度62%・・・食品加工で使用するものに毛が生えたようなものでウイルスを倒せないかもしれません。
ですが、やはり人と人が呼吸を合わせてダンスする日を諦められません。

新しい売り方と買い方

PayPalなどを利用したオンラインレッスン・・・クラウドファンディングなどを使ったグッズ販売・・・素晴らしいと思います!
新時代、環境や状況に合わせたモノの売り方や買い方。
素早く対応している皆様を尊敬します。

事業者の中でもこの騒ぎで影響を受けるどころか、むしろ儲かっている方々もいらっしゃいます。
アフィリエイトを中心としたインターネットで広告収入を得ている方々です。
収益の仕組みを構築しておいたからこそ(並大抵の努力では無かったと思いますが)こんな時でもやって行ける。
トラックスでは4、5年前にWebサイトを新しくした段階で模索し始めました。
学生向けイベントをやってみた事もその一環でした。新たに動こうと昨年末の舞台からやり始めていた矢先にこの騒ぎ・・・
ちょっと間に合わなかったなぁ(笑)
言い訳するとしたらダンスと絡めるの難しかった(テへ)
実力不足で遅れをとることはよくあるのです。また状況が変わったのでまた新しい事を考えなければ!!!

改革

世の中変えないといけないと思いません??
大袈裟な事が言いたいんじゃないんです。目の前の小さな世の中を・・・
私を含め1970年代後半〜1980年代前半生まれ人達は「HIPHOPで生活する」って事は「プロ野球選手になる」とか「芸能人になる」って事と同じように扱われてきました。
実際ダンスで考えると、「それだけで生活」できていた人は「芸能人」だけだったと思うし。
親、親戚、友人から「夢見る少年」として扱われ、誰にも相手にされなかった。

ここからは自分の経験だけの話です。自分だけの体験談。
高校を卒業したばかり、ガラスの10代後期の頃「ダンスの先生」になると決めた。
親には「正気か?」と言われ、バイトの先輩には鼻で笑われ、「社会ナメるな」と大人に言われ続けた。
だから「社会をナメる」訳にはいかなかった。
周りに上手い奴はたくさん居たし、旬な芸能人と仕事してる奴も居た。
それを見て、自分には向いてないと思った。「鮮度が自慢」、「今流行の」は賞味期限が短い。
いち早く社会人になる事が重要だと思った。
30歳で家庭をもったのは自分にとっては早い方。「会社」には出来ていないけど「お店」をやってる。
日々生活して、納税して、妻と二人の子供が居て。みんな当たり前にやっている事が私にとっては改革の連続でした。

反省

がむしゃら過ぎて柔軟性が無かった事が一番の失敗だったと思います。
やっと手に入れた「普通の生活」が脅かされる事が恐怖だったんだと思う。
でも・・・
この「新型コロナウイルス感染症」騒動を経験したら、なんでも出来ると思いません?
今底より下でしょ(笑)
底突き破って上に行くしかない!!もう下が無いんだから(笑)

まとめ

LINE公式アカウントにYouTubeの限定公開URLを貼り出すまでもうしばらくお待ちくださいm(._.)m

IMG_0065

コメントをどうぞ