そもそもハロウィンってなに?

IMG_0519

近年バレンタインをもしのぐ市場規模になったハロウィン。
私が子供の頃には遠い異国の文化のように感じていたハロウィンが、気づけばいつの間にかこの旭川でも街中仮装した人が多く現れるようになりましたね。

はじめは恥ずかしかった仮装も年々楽しみになってきている、HARUです。

今回のトラマガは日本でも年々加速していくハロウィン文化、本当のところなんなのか、またなんで日本でもするようになったのかを調べてみました。

ハロウィンとは

ここに画像の説明
毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。
もとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民家行事として定着し、祝祭本来の意味合いはほとんどなくなっている。
かぼちゃの中身を切り抜いて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
(Wikipediaより)

まず私がびっくりしたこと。
「えー、起源はアメリカじゃないの?!」
そうです。ケルト人はヨーロッパで栄えた民族(しかももとは中央アジアからの移民)なので、ハロウィンはもともとはヨーロッパの行事、しかもキリスト教のお祭りではないそうです。
イメージと全然違った…(笑)
しかし子どもたちがお菓子をもらい歩くのは『ろうそく出せ』に似ているので、北海道の方は親近感がわくのではないでしょうか(ろうそく出せが北海道でしか行われていないことは、最近知りました)

この収穫を祝うお祭りで子どもたちがおばけや魔女になってお菓子をもらっていた風習が、いまや日本ではコスプレ…もとい仮装をした大人が夜な夜な街に溢れるイベントとなっているのですね。

外国の宗教文化が日本で定着した理由

こういったイベントには必ずと言っていいほどどこかの企業が関わっていると言われています。商業戦略として、◯○を世の中で流行らす…なんてことはよくありますね。
毎シーズン「今年の流行色は〜流行りのアイテムは〜」といったファッションのトレンドもどこかの誰かが決めているし、世の男子がソワソワするバレンタインも某お菓子メーカーが仕掛け人だそうです。

そんな中、いまや市場規模1300億円を超すと言われているハロウィンは、なんとみんな大好き、あの某夢の国が火付け役だとか。
某夢の国では、いまから20年前からハロウィンイベントを開催、当時は10月31日限定イベントだったものが徐々に規模や認知度も高まり、現在では秋のイベントとして定着していったようです。

やっぱりすごいな夢の国!

気軽にハロウィンを楽しむ

ハロウィンについて少し知識が入ったところで、今度は身近なものを使ってハロウィンを楽しんでみようのコーナーです。
本日はハロウィンの仮装で定番の『傷メイク』をやってみました!

用意するもの

・水ノリ
・水性ペン(赤、ピンク、オレンジ、茶色、黒など)
・綿棒

①傷を描く
ここに画像の説明
傷がほしいところにに水性ペンで傷を描きます
ここに画像の説明
最初はまあこんな感じ
ここに色をさらに足していきます

②綿棒でぼかす
ここに画像の説明
ぼかしては色を足していきます
ここに画像の説明
まあこんな感じ

③水ノリをつける
ここに画像の説明
たっぷりのせます
ここに画像の説明
まあこんな感じ

④乾くまで踊る
1時間レッスンを1回終わる前には十分乾いてました(15分くらい)

⑤色を足してまたノリをのせる

だいたい満足いくまで同じことを繰り返したらおわり!これだけです。
ここに画像の説明

顔にも描いてみました。
ここに画像の説明
はいポーズ
ここに画像の説明

水ノリで作ると火傷や擦り傷のような感じに出来上がりました。

これをボンドバージョンでもやってみました。

用意するもの

・ボンド
・水性ペン(赤、ピンク、オレンジ、茶色、黒など)
・綿棒
・ティッシュ

基本的には①〜⑤まで水ノリと同じです。
ここに画像の説明
ここに画像の説明
ここに画像の説明

⑥ボンドが乾いて(このサイズで1時間かかった)、二度目に塗った直後、二枚重ねになっているティッシュを1枚にし、ボンドの上に乗せていらない部分を取ります。
ここに画像の説明
⑦乾いたらティッシュの上からさらに描き足す
ここに画像の説明
こんな感じ

ボンドの方が深い傷のように見えます。
テカテカしないのでボンドの方がリアルな感じがしますが、ボンドは乾くまで結構時間がかかるので注意してください。

まとめ

ハロウィンはもともと収穫を祝う宗教的な儀式、仮装は子どもたちがお化けの格好をしてお菓子をもらい歩くところから派生した。日本では某夢の国がイベントに取り入れたとこらから世に普及させ、今では国内で1300億円以上のお金が動く大規模行事と発展した。
あと傷メイクは簡単。

今週末は旭川でもハロウィンがいっぱいです!
トラックスもハロウィンイベントに出演しますよ♩
ここに画像の説明
ここに画像の説明

皆さんも仮装して出かけてみては??^^

IMG_0519

コメントをどうぞ