第一回ダンサーあるある!!

WH2Z8

どうも!トラックスストリートダンススタジオ宮崎からスズです。今日は映画紹介ではなく、ダンサーあるあるを紹介します。
ダンサーは目立ちたがり屋で常に人から見られてることでしょう。そこで今回はダンサーの油断して居る行動やカッコイイ行動をまとめてみました。とりあえず今回は20個のあるあるを紹介します。

注意!!!これは一般の人達からとダンサー達からのあるあるなので全ては僕のあるあるではありません。

ちなみに僕は半分以上やってました。・・・・・・・・・・すいません。

20個のダンサーあるある

1・自分で作った振り付けほど覚えてない。

2・曲を聴いて、頭の中で踊りハマったら一人で沸いてしまう。実際は上手くいかない。

3・イヤホンが壊れる。すぐ無くなる。

4・お世話になってるダンサーが個人で作ったブランドのTーシャツがブースで出てると付き合いで買わなきゃならない。しかも結構高い。

5・海外のバトルで、サークル内に必ず寝そべって観ている奴がいる。しかも一番前

6・変なところが筋肉痛。

7・CLUBのDJタイムで、この曲探してた!って携帯で検索しようとゴソゴソしてたら曲が終わってしまう。

8・化粧が濃くなる。舞台化粧とごっちゃになってナチュラルメイクができなくなる。

9・CMのBGMで踊る。

10・店のBGMで踊る。

11・TSUTAYAの床は踊りやすい!

12・ブレイクの技がノリと勢いでできる時がある。冷静になってやるとできない。

13・ターンすると円心力で鼻水がでる。

14・ダンサー以外の友達と話が合わない。

15・いきなり踊り出す。

16・ジャンプする時おならが出る。

17・もっと若い内にダンスやってればなーって若い子に言う。

18・CLUBでタイプの女の子を見つけると、近づいて踊れるアピールする。でも見てもらえない。

19・足が臭い。

20・窓や鏡などの前に立つと必ず踊ってしまう。

【まとめ】

ダンサーは常に見られています。これからイベントの季節になり色々なダンサーが近くに居るかもしれません。その時は何個、当てはまるかをやってみては?
ダンサーの印象が良いか悪いか判断するのはダンサー以外の人です。
ゴミ問題や騒音は特にしっかりマナーを守り楽しく踊りましょう!

WH2Z8

コメントをどうぞ