考察!!danceを仕事に!!

考察仕事に

皆様こんにちは、こんばんは!!トラックス代表の宮崎です。
本日のトラマガは【調べてみた】や【検証した】などいつもの企画とは一線を画す内容となっております。
そう!!考察です!!
何を察し、自分なりに考えるかと言いますと・・・
ズバリ!!
新しいダンスの仕事
です!!

現在既存のダンスの仕事

まず考えられるだけ挙げてみたいと思います。ダンスを商品に換算した場合、どのようなものがあるでしょう?
インストラクション・・・簡単に言うと指導ですね。インストラクター、先生をするという事です。
パフォーマンス・・・一括りにしてしまいましたが、ショーダンスやバックアップダンスなど自分が踊る事に対して対価を求めるものです。
コレオグラフィ・・・振付です。言葉には様々な意味がありますが、ここではダンスの振付に対価を求めるものとします。
モーションアクター・・・自分の踊りをデジタルデータに投影させる仕事です。アニメーションキャラクターに自分の踊りをさせる等。
まだまだたくさん有りそうですが、大きく分けるとこのような感じになりそうです。

カケルの考察

それでは既存のものに何を掛け合わせるかを考えてみましょう。

インストラクション

まずはインストラクションから。これは「誰に指導するか」がポイントになりますねぇ・・・
私宮崎は現在この指導をメインの仕事としております。学校の授業に呼んでいただき、授業の時間にダンスを指導するなど、一昔前では考えられなかったお仕事をいただいております。
が!!
未来に思うこと・・・それは・・・

ダンス指導×スポーツ選手

です!!!!
ここに画像の説明
バスケットボール、陸上、サッカーなど世界大会で活躍するスポーツ選手は幼少期からBlack Musicを聴いて育っている印象です。
そう!!リズム感が良いのです!!HIPHOPでダンスを練習したなら競技が上達する事間違い無し!!

パフォーマンス

続きましてパフォーマンス。これは「どこで披露するか」がポイントですねぇ・・・
私が住んでいる北海道旭川市でパフォーマンスが一番求められる場所は【お祭り】などの野外イベントです。
せっかく野外でパフォーマンスを披露するなら・・・

パフォーマンス×行列

なんていかがでしょうか?
ここに画像の説明
人気のお店で並んででも食べたい・・・最新ゲームや機種を手に入れたい・・・お目当のものに出会う為人々は並ぶのです。
それまでの時間、何します?
並んでる最中にカッコイイダンスを見せられたら・・・私なら思い切りハグしますね。
次に新商品が出た時もそのお店に並びます。

コレオグラフィ

さぁ段々と難しくなって参りましたね・・・やはりこれも「誰に振付るか」が重要になってきそうです・・・
とかく混同されがちな「指導」と「振付」・・・ダンスを「指導」すること自体が「振付」になってしまいがちです。
ここは思い切って・・・

振付×動物

ですね!!!
ここに画像の説明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えっ!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無理!?
いえいえ!!ドッグダンスとかご覧になった事ないですか??

これをもっと大人数、大犬数でやるわけですよ!!近い将来鳥とか牛とか色々な動物が踊るようになると思いますよ!!

モーションアクター

後半苦しくなってきてる!?言い訳がましいですって!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後はモーションアクターです。
これは「モーションキャプチャー」という器具をつけてお金も時間もかかる作業が必要となります。光学式、赤外線式など様々な手法がありますが、それはまた別の機会に 笑
未来に期待することそれは・・・
ズバリ!!

アプリですね。

モーションアクター×アプリ

ここに画像の説明

例えばスマートフォンなどで撮影し、数種類の音楽が選べて好きなキャラクターが自分のダンスをする。家族・・・おじいちゃんやおばあちゃんが自分のダンスを踊る。
何だか楽しい世の中になる気がしませんか?
ダンサーの皆様、アプリ開発者の皆様、是非開発しましょう!!
そしてロイヤリティを・・・じゃなかった!!良い世の中にする為に!!!

まとめ

現実的にすぐには実現できないものがあるかもしれませんが、私はダンスの可能性はまだまだ無限大だと思っています。日々模索することが唯一の道なのではないでしょうか?
大それた事ではなくても夢を持ち、それに向かって言い訳せず必死に頑張っている人を私は応援したい。時には馬鹿にされたっていいじゃありませんか。
自分がやりたくてやっているのだから自信を持ちましょう。第2弾では「全く新しいダンスの仕事」について考察したい思います。

考察仕事に

コメントをどうぞ